爽快感抜群!ゾンビ狩りゲーKilling Floor2の批評

シューティングゲームで爽快感を得たいならKF2

Killing Floor2は拠点を守り迫り来る無数のゾンビを爽快に倒していくゲーム。ウェーブ制になっており最大6人Co-opで楽しむことができます。実はこのゲーム、今までSteamで早期アクセス版として販売されていたが11月に製品版としてリリースされることが決定した。ついに完成したゲームとなったのだ。製品版になっても価格は変わらないようなので早期アクセス版を焦って購入する必要もないだろう。

 

KF2はシングル、マルチ、Co-opと対応されている。しかし、このゲームの最大の魅力はCo-opである。何百といった迫り来るゾンビ(スペシメン)を最大6人でギッタンギッタンにしていくのだ。雑魚ゾンビならヘッドショットをするだけで一発。ゴア表現も満載で非常に爽快感がある。友人とプレイしたりSteamフレンドとプレイしたりと様々な遊び方が可能。

 

ストレスを抱える現代社会において一つのストレス発散に繋がるゲームと言える。

 

豊富なPerkで連携プレイを楽しむ

KF2にはPerkと呼ばれる兵科システムがある。現段階では9つのPerkがありレベルも存在。レベルが上がるごとにスキルと呼ばれるツリーが開放されて自分のプレイスタイルに合わせてPerkをパワーアップできたりステータスも上がるようになっている。

 

Perkごとに得意とする武器に違いがあるのも面白い。私は最も爽快感を味わうことができるデモリッショニストを良く使っているのだがグレネードランチャー等の爆発物系武器を得意とするPerkだ。弾丸も打ってから当たると爆ぜるため一発で大量のゾンビをキルできるのが最高!ストレス発散系Perkを選びたい場合、デモリッショニストはおすすめだ!

 

他にもアサルトライフルが得意なPerk、ヒーラー的役割のPerkなど多数の兵科システムが存在している。きっと自分のプレイスタイルにドンピシャなPerkを見つけることができるはず。

 

意外とやり込み要素あり

Perkレベルは各兵科共有ではなく個々に上げていかないといけない。最大レベルは25になっている。また最大レベルで習得できるスキルが強力なので絶対に習得したい。そうなると意外にやり込まないと25レベルまで上がらないようになっている。またボスの数は少ないがマップは複数あり飽きることがない。難易度も複数用意されておりゾンビの硬さや数が難易度によって変わるのでやり込むほどより緊迫&爽快感のあるゲームが楽しめるのは本当に良いシステム。

 

定価は3000円程度になっているが価格以上に楽しめるゲームだと筆者は感じている。また定期的にセールもやったりするのでセール時を狙うとより安くKF2を手に入れることができるのでSteamの季節特有セールやウィークリーセール、パブリッシャーセールなどは注意深く観察していよう!