手に汗握る白熱FPS!オーバーウォッチを批評

1試合5分〜15分のオーバーウォッチは気軽にプレイできるFPSゲーム

オーバーウォッチはバトルボーンのようなヒーロー系シューターです。ただゲーム性はまるで違う。バトルボーンが合わない方もオーバーウォッチは合うかもしれない。まず試合展開が非常に速い。です。MOBAではなく純粋なFPSゲームになっているからです。そして1人が上手くても勝てないといったゲームシステムです。オーバーウォッチで大切な要素はチームプレイです。チームが一丸になって連携をしないと中々勝負に勝つことができません。

 

ゲームモードはクイックプレイ、ライバルプレイ、AI対戦、ウィークリーバトルとあります。最初はNPC相手にゲーム感覚を研ぎ澄ますのが良いでしょう。その後はクイックプレイで連携をどうしたら良いのか考えてプレイしると上達しやすいです。

 

ライバルプレイは白熱!自分の実力がスキルレートとして表示される

オーバーウォッチで最も白熱しているゲームモードがライバルプレイです。これはランクマッチになっており自分と実力が似ている人と対戦で当たるようになっています。そして自分のスキルレートと評される実力を表す数値が表示されます。数値が高いほどやっぱりプレイが上手と判断されますね。

 

このライバルプレイはまさにガチ勢の人が多いです。
本気で高スキルレートを目指す人がプレイしているのがハイレベルな試合展開を楽しむことができます。逆に下手だと罵倒してくるチャットが飛んでくる可能性もあります。それくらい白熱しています。なのである程度、自分の得意キャラ、立ち回りを覚えてからライバルプレイはした方が良いでしょう。

 

キャラの特性が違うから必ずマイキャラが見つかる

オーバーウォッチは総勢21人のキャラクターを自由に使うことができます。当然ですが一人ずつ特性が違います。だから面白い。そしてチームプレイが際立つゲームシステムになっています。

 

スナイパー、爆弾魔、近接特化キャラ、浮遊キャラ、回復キャラなど個々に違ったスキル、アビリティを持っており必ず1人はお気に入りになるキャラクターを発見することができます。自身のあるキャラが見つかればより技術を研ぎ澄ませるように努力することでライバルプレイでも活躍ができると思います!